こんな中国語の企業ニーズに対応

“中国語研修のニーハオABC”では下記に掲げる企業ニーズを対象とした中国語研修のご案内を致しております。

 

1、中国を重点市場と掲げる会社の指針明確化

2、はじめての中国赴任者を対象とした中国語速習

3、中国市場・現地業務を拡大する社内人材の育成

4、企業と成長を共有する社員の自己啓発手段

 

 日系企業が現地で求める中国語レベルは“現地オペレーションでの管理体制構築”と“現地スタッフとの意思疎通”を基本としており、英語で一部幹部や経営者に求められる交渉力・商談力を伴う語学力はそれ程重要ではありません。幹部同士の交渉であれば大半のケースで英語が活用出来るからです。

 

 企業の中国語学習で重要なことは、生産拠点としてはもちろん、消費需要の旺盛な国内外中国市場に適応出来る人材基盤・企業文化を組織として築きあげることであり、中国語の基礎理解力および筆談を含めた広義のコミュニケーション能力を身に付けることです。

 

 以上より、当社では中国語研修の到達目標は語学力としては、それ程高くある必要はないと考えており、異文化理解を含めたコミュニケーション能力の基盤を重視しています。上記より、企業側の費用対効果および学習効果を鑑みて、当社では2名~10名未満のグループレッスンを通常の企業研修として推奨致しています。